ロゴ1
        ロゴ2 

概要

J−ティフコム( (J-THIFCOM: Japan - Thixotropic Hardening Impermeable Fiber Reinforced Composite、 登録商標「J-THIFCOM」、国交省NETIS 登録番号「HK-140006-A」)は、 専用のミックスセメント・鋼繊維・骨材・混和剤及び水で構成されています。高耐荷性・高耐久性を有し、普通コンクリートと同じ標準養生で、早期強度を発現する超緻密高強度繊維補強材料です。
本材料の特性は超緻密であるため、水、空気、塩化物イオン等の劣化因子の侵入を遮断し、構造物の外面プロテクト(表面補修・補強)材として適用した場合、構造物の長寿命化が可能となります。 橋梁のコンクリート床版上面に施工した場合は、床版防水層を必要としません。

基本性能

         ロゴ2 

特徴

1.高強度・高耐久

高耐荷性・高耐久性を有し、ライフサイクルコストを低減できる。

2.繊維補強

専用鋼繊維を混入させることで、高靭性・高い引張強度を有する。

3.超緻密

透水性・透塩性・透気性が非常に低く、劣化因子を遮断します。

4.早強

材齢1時間〜1日で高強度を発現するので、早期交通開放が可能。

5.高流動

作業性が良く、自己充填性にも優れている為、狭隘部や過密鉄筋部位でも容易に打設が可能。

6.高粘性

手で持ち運びできる粘性と材料分離抵抗性に優れ、かつ粘性に対する時間依存性を保持するため、傾斜面でも施工が可能。。

7.現場練りで連続打設

超高強度繊維補強材料はプレキャスト製品に使用される事が多いのに対して、J-ティフコムは直接現場製造で連続打設を可能とし、施工時間短縮に資する。既設構造物の補修・補強材料に適用できる。

8.薄層打設

新設構造物補強厚さ10o、既設構造物補修厚さ20o程度で、J-ティフコムに保有する特性を発揮する。

関連書籍

道路橋床版の長寿命化技術
道路橋床版の長寿命化技術』松井繁之/編著 2016年9月 森北出版
床版を長寿命化させるために効果的な材料・構造・維持管理方法などを,最新の知見も踏まえて紹介.橋桁など,床版の隣接部材が与える影響についても指摘し, 個々の部材に着目するだけでは見えてこない問題点も整理しています.道路橋の設計や維持管理に携わる技術者は必携の一冊です。


Site MENU

Copyright J-ティフコム施工協会 All Rights Reserved.