お問い合わせ

窓口フォーム

J-ティフコムとは

概要

NETIS登録番号「HK-140006-A」

登録商標 「J-THIFCOM」Japan - Thixotropic Hardening Impermeable Fiber Reinforced Composite

無機・有機繊維混入率4.0%vol以上を有する超緻密・高強度で流動性と材料分離抵抗性に優れ、かつ粘性に対する時間依存性を保持することで施工勾配の変化に対応できる高性能マトリックスを有する材料です。また、現場ニーズに対応した配調合を行うことで構造物の充填部や狭隘部に適する作業性および気中・水中の連続打設を可能とし、新設・既設構造物の補修・補強に資する最適な材料および工法を提供します。さらに、高気密・高強度であることから構造物の外面プロテクト(表面補修・補強)材として適用した場合、劣化因子が遮断され構造物の長寿命化が可能です。橋梁のコクンクリート床版上面に施工した場合、床版防水層は必要としません。

基本性能

無機繊維混入率5.0%volに対する性能

項目 特性値 備考
圧縮強度(設計) ※1 130N/㎟以上 1日で高強度発現(基本材齢28日)
引張強度(設計) ※2 9N/㎟ ひび割れ発生強度6N/㎟(材齢28日)
曲げ強度 ※3 35N/㎟ 試験 JIS A 1171(材齢28日)
ヤング係数 4.0×104 N/㎟ 繊維混入率5%(材齢28日)
フロー値 ※4 打設条件に適合する範囲 試験 JIS R 5201 モルタルフロー
付着強度 ※5 1.7N/㎟以上 試験 JIS A 1171(材齢28日)
長さ変化率 ※6 111×10-6 試験 JIS A 6202(材齢28日)
塩化物イオン浸透深さ ※7 0㎜ 試験 JIS A 1171(材齢28日)
中性化深さ ※8 0㎜ 試験 JIS A 1171(材齢28日)
透気係数 ※9 0.001×10-16㎟以下 透気係数試験 (トレント法)

※5:付着強度はコンクリート母材での破壊(接着剤無し)
試験機関:(一財)建材試験センター/(一社)日本建設機械施工協会施工技術総合研究所/福岡大学

特徴

  • 高い圧縮強度を有します。(設計圧縮強度130N/㎟以上)

  • ひび割れ抵抗性を有します。(設計引張強度9 N/㎟、ひび割れ発生強度6N/㎟)

  • 早強で工期短縮と荷重開放が可能です。(3H~1日で高強度発現)

  • 高い付着性を有します。(付着強度2.7N/㎟以上)

  • 遮水性・遮塩性が高く、空気透過性が非常に低いです。(0.001×10-16㎡以下:トレント法)

  • 現場練り・連続打設が可能です。(一般コンクリートと同じ標準養生)

  • 補修厚さ20㎜の薄層での補修が可能です。